スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2001年宇宙の旅 

自宅で映画観たのは久々です。

感想ですか?

笑いましたよ。
パソコンで観たんですが、途中再生してやんの。
そう、一回断念したみたい。
それすら忘れてもっかいレンタルで借りてきたというわけ。

冒頭クラシックがかかるけど、怪奇音みたいなやつなの
で、画面真っ暗3分間

20分間は猿がずっとうほうほ言ってんの。

たぶんにそこで寝落ちしたらしい。

結論から言うと、すげぇっす。
スタンリーキューブリックさんの映画は良いも悪いも脳みそにこびりつく感じがあります。

4部構成なんですが、猿、人、宇宙、超人類って感じかな?
正直見終わったあとにwikiしたくなる率80%は軽くいくと思います。
とりあえずググレと。

第一ゆとり世代のあたしはエヴァンゲリオンとかぶる衝撃がありましたよ。
ラストの??感がパネェっす。

そしてググレばググルほど、こんなにみんなの意見が分かれるものもないんじゃなかろうか?
SFですが哲学ですし、俺は人類に警鐘をしてるっていうテーマが感じとれました。
時計仕掛けのオレンジやフルメタルジャケットみたいに、
人間くだらねぇ、このまま進むとやばいことなるよ?的な警鐘ですね。

HALというスーパーコンピューターが狂いだすくだりがあるんですが、
それに至ったロジックとか何とかよりも、単純に恐怖を感じた。
今までみてきたマンガの影響で(ナウシカとか銃夢とか火の鳥とか…)
近い未来ありうるんじゃないか?って思っちまいましたよ。

長文になりましたが、観る機会があれば是非観ていただきたい。
仕事終わってから観たら100%寝落ちします。

今度はジジイになって死ぬ前とかに観たいな、また観た印象が変わりそうな映画です。はい。

SFの金字塔って意味わかりましたよ

スポンサーサイト

[2009/05/22 00:57] えいが | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rogahuhuken.blog73.fc2.com/tb.php/135-70ff0ec7





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。