スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

閣下 

甜菜です。

44 : さやいんげん(神奈川県) :2008/11/13(木) 10:31:33.49 ID:+XTbAQHg
「昔閣下がミサで、登場シーンで高いところから飛び降りて骨折してしまい、
『諸君元気か?我輩はたった今元気でなくなった』と言いながら、
とりあえずそのまま動かずに歌い続け、その後のツアーはギブスで
回っていた」
というのを聞いたのですが、事実ですか?

130 : ワカメ(栃木県) :2008/11/13(木) 11:19:01.12 ID:nRdh8wPp
>>44
次のステージで車椅子にギブスの状態で現れて
「みなの者我輩は大悪魔になるべく改造手術を施した!手術は無事に成功
したが10万年使ってきた体と多少かってが違い慣れるまでは悪魔界の
魔道補助アイテムを使わせてもらうぞ!ブハハハハハハハ!!」
って言って平気で車椅子と松葉杖使ってた・・・・・
車椅子はメンバーが変わりばんこで押してた・・・・


閣下はやっぱ天才だな。

早稲田出身なんだ、世を忍ぶ仮の生い立ちでは
wikiでいろいろ勉強してたらもっとすごかったので興味あればどぞ

wikiより甜菜

ライブでの負傷
1986年、岡山県蒜山高原で行われた「蒜山ロックフェスティバル」での聖飢魔IIの黒ミサ(人間界で言うライブないしコンサート)中、野外ステージの屋根から機材セットに転落し脚を骨折した。しかし、負傷直後に信者(ファン)に対して「吾輩はたった今元気でなくなってしまった」との一言のみを発し、激痛に耐えながら公演を全うした。
その後、負傷した脚部を「改造手術」(人間界で言う「治療中」)し入院。その病室で、「ママぁ、梨剥いてー」と実母に甘えてせがんでいたとの都市伝説が「笑っていいとも!」の対談コーナー「テレフォンショッキング」出演の際に取り上げられたことがあった。しかし、実際には見舞いに来た記者(?)を労うために、付き添っていた実母に対して「まぁまぁ梨でも剥いてあげたら?」と依頼したことが伝聞を経て過大に変化したものである。
また、この出演で次回の対談出演者を依頼するために電話した際、受話器を顔に密着して会話したために受話器にメイクとされている悪魔の皮膚の模様が付き、司会者タモリに「やっぱりメイクじゃないのか」と突っ込まれた。しかし、閣下はこれを一切認めず「これは蝶で言うところの鱗粉のようなものだ」と強硬に抗弁したことも知られている。(その際には「鱗粉」を「花粉」と言い間違えている。)
ちなみにその後洗顔ソープのCMに出演して顔を洗うシーンがあったが模様は全く落ちていなかった。
タモリに「ギャラは(なんと呼ぶ)?」と尋ねられ、「お布施だ」と返答し、「なんでそこは仏教なんだ?」とつっこまれるも、「宗教用語なら何でもいいのだ」と返していた。
前述の骨折の直前に「オールナイトフジ」で霊が憑いているとされる人形を悪魔の立場から馬鹿にした為、その呪いが骨折の原因という説も有る。(なお骨折の際には車椅子に乗って『吾輩の足は改造手術中だ』とコメントしていた。)
負傷後の黒ミサ(「ライブ」ないし「コンサート」)の際に使用された車椅子は「スーパーデーモンカーターボGTロイヤルサルーン」と呼ばれ、『JOJOの奇妙な冒険』第一部でディオが使用した車椅子のモデルとなっているとも言われている。

タモリも天才だなぁ
スポンサーサイト

[2008/11/17 01:42] (゚∀゚) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rogahuhuken.blog73.fc2.com/tb.php/116-483160f9





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。